デリヘルで求人をしても思い通りに女性が集まらない風俗店にとって出稼ぎのデリヘル嬢は有効なのか

出稼ぎのデリヘル嬢は風俗店にもリスクがある

デリヘル嬢の懐事情

スカウトと出稼ぎの契約をする場合の基本

投稿日:

スカウトと出稼ぎの契約をする場合の基本デリヘル嬢にとってスカウトから来た出稼ぎの案件の中で自分にとって一番都合の良い条件の風俗店を選びたいというのが当たり前ですが、例えば1日にいくらの保障を付けるというのは、風俗店が提示しているのではなく、スカウトからこの子はいくらの保障ですよと風俗店に話が来ているのです。そして風俗店がこの娘が保障がいくらまで値引きできたら請け負うよという交渉があり、成立していくという状況ですね。

出稼ぎのデリヘル嬢の基本的ベースを知っておく

出稼ぎのデリヘル嬢の基本的ベースを知っておく出稼ぎだって相場があります、風俗店からすればブスなのに高額な保障を求められたら請け負う訳がありませんよね。

新人女性を欲しがる風俗店ですが、可愛い子なら放置してもお客様が集まり自然と稼げるのですが、特出するほどの美人でなければお店にもよりますが3~4万円程度でしょう、しかし出稼ぎの女性は新人となるだけに集中的にお客様を集める事もできますし、話題作りにもなるので出稼ぎの女性を請け負って保障割れさえしなければ受け入れるという考え方の風俗店が多いのです。

出稼ぎの女性は普通にスカウトから紹介された女性より風俗店にとっては支出も多く、万が一の保障割れなどのリスクも多いのです。

遠方からの交通費、出稼ぎ期間中の宿泊費、出勤時の保障金額だけに目が行ってしまうのですが、実は風俗店からスカウトへ支払う女性のが紹介費用が高い場合も珍しくないのです。

判り易く言えば、契約しているスカウトが女性を集めてくるだけでなく、出稼ぎというのは地方のスカウトへも収益を考慮しなければならないので、2つのスカウトグループが関連します、相場的には地元のスカウトが直接契約をしている風俗店で受け入れが難しい女性などは、他の地域のスカウトへこういった女性がいますよと案件として流します、他の地域のスカウトがその女性を風俗店で契約できたよとなると、女性の案件を出したスカウトが2割、お店と交渉成立させたスカウトが8割程度の割合で風俗店からの収益を分割する場合があるので、デリヘル嬢が1日出勤したら安くても2000円、高額ならば5000円程度の出勤顧問料みたいな金額も風俗店には発生するのです。

こうした事からも風俗店は保障金額をクリアしても、スカウトへの紹介料や宿泊費、交通費など出稼ぎ女性を受け入れるにはかなりの出費が出るので、下手すると大赤字になる可能性もあるのです。

出稼ぎの保障と相場

出稼ぎの保障と相場男性目線で『この娘は稼げないな』と思えば出稼ぎの保障としては最安値の3万円ほどです、未経験だったり普通の女の子で保障は4万円ほどで、保障が5万円ともなればそれなりに誰もが納得する上級レベルと言って良いでしょう。

もちろん出稼ぎの保障で最高額と言えば10万円という女性もいますが、ある意味で普通の女性ではなく、アダルトビデオをピンで出演して誰もが振り返るS級の女性、接客やテクニックも間違いないなど、限られた一部の風俗嬢ですね。

もちろん女性から保障がいくらなら出稼ぎしたいという具合に、スカウトへの希望が最優先となりますし、高額な保障はそれだけスカウトへの収入も多くなるので、少しでも高額で風俗店と成約したいと考えるのですが、相場を無視してスカウトが売り込みをしても受け入れる風俗店が少ないだけでなく、後にトラブルの種にもなるのです。

保障額が低いからとって稼げない訳ではありません、期間限定だけに風俗店は少しでも優先的に仕事を出したいと考えているだけに、保障額は最低限の目安となるので、安い保障額で契約してもそれ以上に稼げるのが基本となりますので、3万円の保障をした女性と4万円の保障をした女性とどちらが稼げるのかは別問題となり、あえて差がつくのは暇な風俗店で仕事がない場合においてのみ、保障額の違いが出てくるだけなのです。

そして保障額が高いほど風俗店は敬遠しますので、保障額が安くても稼げる店や待遇の良い店のが結果的に一番良い出稼ぎ先となるのです、風俗店は保障額が安くて質の良い子を求めているのは間違いないのですから。

そしてあえて言うならば、出稼ぎで凄い稼げたといっても1日で7万円を越えたら大きな成功だと思います。

出稼ぎは時期や曜日によっても保障額や稼げる金額が違う

出稼ぎは時期や曜日によっても保障額や稼げる金額が違う飲食店では1年で稼げないのは2月と8月(ニッパチ)と言われています、もちろん全てが同じではなく地域の特色や業種によっても違いますが、7~8月と12~1月はどこの風俗店も稼ぎ時と言って良いでしょう。

そして風俗業界で暇な時期というのは、2~3月と10~11月頃ではないでしょうか、つまり時期的に出稼ぎ女性の需要が高ければ保障額や待遇条件が多少良くても受け入れてくれるでしょうし、暇な時期ならば保障の相場は必然的に下がるという事です。

さらに一週間の間でも平日と金土日などの週末では売上も違いますし、月末などは稼ぎ時ですが、月半ばは暇なのも当然ですよね。

つまり、出稼ぎの期間も一つの重要な要素で、月半ばの平日のみと言われたら風俗店だって高額保障を請け負いませんし、月末の週末も含めた出稼ぎ期間ならば問題なく請け負ってくれる風俗店も多いという事です。

出稼ぎで大切なのは保障だけでなく待遇も重要

出稼ぎで大切なのは保障だけでなく待遇も重要ある出稼ぎに慣れたデリヘル嬢から聞いた話の中には、60分10000円で1日の保障は50000円と約束したけど『イベントをしているからそれは例外ね』と言われ、40分コースでバックは4000円とされ、初日にそれを3本も廻されたそうです。

当然保障割れは確実なのですが、保障割れを支払ってくれる風俗店は以外にも少なく、結果として泣かされるのは間違いないと判断して初日の精算を終えてから逃げたそうです。

もちろん交通費や保障なんて貰えません、それでも最終日まで仕事をしても意味がなく、紹介してくれた担当スカウトが補填してくれる事もないので、経験が多いそのデリヘル嬢は別のスカウトと契約して、連絡した当日中に別の出稼ぎ先の風俗店を用意してくれたとの事でした。

出稼ぎのデリヘル嬢は契約した通りの風俗店とは限りません、保障割れを支払わない、風俗店に到着したら契約内容と話が違う、宿泊先は寮で知らない人との相部屋、延々と待機は移動する車内だけなど酷い風俗店だってあります、もちろん全ての風俗店がそうという訳ではないですけどね。

出稼ぎ期間しかいないのだから、少しでも働かせようと『よそ者扱い』にされてしまう風俗店が多いのも事実なのです。

こうしたトラブルや嫌な思いを避ける為にも、宿泊はビジネスホテルを用意してくれる風俗店、万が一の事を考えて待機はビジホにしてくれる風俗店、60分コースの手取りは最安値でも8000円で、出来れば9000円を出してくれる風俗店などを探すのです。

出稼ぎを多く経験している女性ならまだしも、初めて出稼ぎを考えている女性などは悪い話ばかりを聞けば出稼ぎを敬遠してしまうのかもしれませんが、ちゃんと待遇の良い風俗店だってありますので必要以上に心配する必要まではないはずです。

それでもどういった待遇があるのかとか、どんなトラブルがあってデリヘル嬢はどんな愚痴があるのかというのを知りたければ、デリヘルのバイトをした風俗嬢がリアルな内容として記載されているサイトで色々と調べてみるのも良いかもしれませんね。

-デリヘル嬢の懐事情

Copyright© 出稼ぎのデリヘル嬢は風俗店にもリスクがある , 2018 AllRights Reserved.